病院に行っても治らない!? その痛みの原因

 成長痛かもしれません! 

成長痛は 子供の体型が急激に変化する
成長段階に起こる痛みをいいます。

   【 2歳〜6歳   (幼児期 )    】

日中は元気よく遊んでいるのに、夜寝ている時
急に脚(あし)が痛 いといって目を覚まし
泣いたりしますが、痛みは長く続かず
さすってやったり、だっこしたりすると治り
また寝てしまう状態をいいます。

脚にけがや炎症はなく、翌日には何事も
なく跳びはねているという特徴があります。

月に1〜3回の割合でおこり、1〜2年くらい
続くことが多いものです。  

  【 10歳〜15歳   (青年期) 】

思春期を迎えて、体が一番変化をする時期です。
骨の成長を促す成長ホルモンが一番分泌します。

骨の成長期を迎えた時期に、大腿骨(だいたいこつ)
が著しく伸びますが
それに伴って足のももの筋肉
(大腿四頭筋やハムストリング等)に負担が
かかり

その筋肉が付着する膝(お皿の下)、
足の付け根(鼠径部)に炎症や痛みが起こる症状です。

また背骨や手関節などの軟骨形成に伴い神経感覚の
反応が過敏になるため、全身の節々に痛みが
点在する場合も
あります。


ホルモンの分泌時期が一番体型が変化します

 

成長痛の原因とは?

  【 2歳〜6歳 (幼児期) 】

日中に運動した後の、単なる脚の疲労感を
まだ十分にことばで表現できない幼・小児が
もっとも表現しやすい「痛み」という
言葉を使って訴えているものと考えられます。

夜に訴えることが多いのは、昼間とちがい、
就寝時や睡眠中には子どもの心の抑制がとれ
「痛み」を訴えやすい時間帯になるからでしょう。  

また、家庭や学校を含めた生活環境の変化や、
心理的ストレスによる、心や睡眠の軽い障害が、
「痛み」として表現されたとも考えられます。

たとえば次子の誕生、入園・入学などの集団生活
の開始、過度の運動などがそれにあたります。

 また、この脚の痛みを訴える子どもたちは、
全身の関節がゆるい(関節弛緩(かんせつしかん))
ことが多く、そのため運動が負担になっていると
思われます。

  【10歳〜15歳 (青年期) 】

成⻑痛は、⼀般的に知られている名前ですが
医学的に確かな成⻑痛の定義はなされておらず

原因も不明とされています。

成⻑期の⼦供に多くみられる痛みの症状の総称であって

明確な病気の定義ではないのです。

成⻑痛の原因として考えられる理由に、
⾻端線の成⻑が上げられます。

成⻑期の⼦供は、⾻端線が想像以上の速さで
成⻑しています。

この成⻑過程で⾻端線(軟⾻部分)において
何らかの痛みが⽣じており、これが ⾜や関節など
の痛み原因となっています。

また、急激な⾻の成⻑によって腱を通じ筋⾁が
引っ張られるようになります。

これにより⾻と筋⾁の結合部分に炎症などが⽣じて
成⻑痛につながっていることも
理由の⼀つとして考えられています。

特に発症の頻度が増すのは、スポーツです。
バスケットボールやサッカーなどは、
膝の曲げ伸ばしをする際にストレスが⽣じ、
発症する場合
が多くなります。

また腰痛などは腰や体幹の回旋を繰り返す野球。テニス。
ゴルフ。 腰の伸展。跳躍をして着地を繰り返す
バレーボール。バスケットボール。陸上の跳躍競技
などの故障で
多くみられます。

またラケットなどを使う競技では、関節が未成熟な
段階で
限度を超えて使いすぎると、痛みやしびれの
症状が起こります。

主な成長痛の特徴

・夕方もしくは夜間に痛みが強くなる

・膝のお皿の下に痛みが出る

・股関節周辺に痛みが出る

・足の甲や踵の周辺(アキレス腱、足裏など)に痛みが出る

・手首や肘周辺に痛みが出る

・腰に痛みが出る

・首や肩周辺に痛みが出る

・足の指に痛みが出る

・運動時やスポーツ後に痛みが強くなる

・心理的ストレスや生活環境の変化で痛みが出る。

・痛む場所をさすったり、温めたり、抱っこしたりすると治る

・病院の診察で原因不明と言われた。薬が効かない痛み

成長痛の代表的な症状

・オスグット症
・腰椎すべり症
・肘内障 野球肘
・脊柱側彎症

 

  ● オスグット症

「オスグッド病」は「オスグッド・シュラッター病」
とも呼ばれ、主に成長期である小学校の高学年から
高校生の子供に発症する障害の一つです。

 

 

症状は膝の周囲の痛みや腫れです。
膝の皿(膝蓋骨)の指3~4本分程度下の部位の
痛みや腫れ、熱感を認めます。

また、その部位に硬い盛り上がり(隆起)が
できるのが特徴です。

症状は片足(特に軸足)だけのこともありますが、
両足に出ることもあります。

休むと症状は良くなりますが、運動を再開すると
また症状が出現します。

 

 

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)と呼ばれる
太腿の前部分にある筋肉は、膝蓋骨 (膝の皿)と
膝の下の脛骨に付着しています。

膝蓋骨から脛骨の間の部分は膝蓋腱(しつがいけん)
と呼ばれます。

大腿四頭筋が収縮・伸展することで、
膝を曲げたり伸ばしたりしています。

曲げ伸ばしの運動で負荷がかかる部分ですが、
脛骨は10代ではまだ成長過程であり、
完全な骨ではなく軟骨です。

そのため、大腿四頭筋(膝蓋腱)と脛骨の
付着は強固なものではありません。

発育期における運動の負荷が、大腿四頭筋(膝蓋腱)
と脛骨の付着部に集中して、その付着部が剥離
して
しまうことがオスグッド病の原因です。

 

 

剥離してしまった腱と骨(軟骨)が膝の下の
盛り上がり(隆起)として現れます。

 

オスグット症は運動負荷によるスポーツ障害です

 

 

【対処法】

 

・安静(当面はスポーツの休養)
・ストレッチ(足のモモを伸ばす)
・サポーターによる固定
・関節、筋肉の調整(子供整体オススメ)

 

 

● 腰椎すべり症

腰椎すべり症とは推骨が前方にずれた状態で,
腰椎変性すべり症腰椎分離すべり症があり,
両者ともに腰椎の変位が原因になります.

腰痛が主な症状ですが,坐骨神経痛や間欠性跛行
の症状が現われることがあります。

腰部や殿部が重苦しい・だるいような痛みで,
痛みは激しい運動や作業後に現われるが,
安静あるいは活動を控えると軽減することが多い.

 

 

体が柔らかい中学⽣頃に、ジャンプや腰の回旋
⾏うことで腰椎の後⽅部分に⻲裂が⼊って起こります。

「ケガ」のように1回で起こるわけではなく、
スポーツの練習などで繰り返して腰椎をそらしたり
回したりすることで起こります。

⼀般の⼈では5%程度に分離症の⼈がいますが、
スポーツ選⼿では30〜40%の⼈が分離症に
なっています。

分離症は10歳代で起こりますが、それが原因となって
その後徐々に「分離すべり症」に進⾏していく
場合があります。

 

 

生まれつきの構造による腰椎すべり症

 

腰椎や仙骨などの骨が生まれつき(先天的)
腰の形成不全
している。

または発育期に栄養状態やホルモン異常などに
より背骨が変位してしまう事によって
腰椎すべり症を起こして
しまいます。

 

怪我による腰椎すべり症

 

スキーやスノーボードなどスポーツでの転倒。
スポーツによる激しいコンタクトや接触。
交通事故や怪我など、腰に大きな力が加わる事によって

腰椎が骨折する事で支えがなくなることをきっかけに
すべる「外傷性腰椎すべり症」が起こる事があります。

 

 

【対処法】

 

・腹筋強化
・腰ベルト固定
・物理療法(牽引、電気療法など)
・腰部矯正子供整体がオススメ)

 

すべり症の方はマッサージ、指圧を背中側から押す事は厳禁です!

 

 

● 肘内障 野球肘

肘内障とは、肘の骨の一部が靭帯から外れて、
肘の関節が亜脱臼している状態のことです。

関節から骨が完全にずれる完全脱臼とは異なり、
少しだけずれています。

肘内障は痛みを伴い、腕の曲げ伸ばし
が難しくなるため、子供が腕を動かせなくなったり、
腕が痛くて泣いたりしているとき
は、
肘内障が疑われます。

 

 

子どもが急に腕を引っ張られると、橈骨がこのバンド状
の靭帯から抜けて亜脱臼を起こしてしまいます。

幼児の間は骨や関節の発達が未熟で、
橈骨の引っかかり(橈骨頭)も小さいため
バンド状の靭帯が抜けやすいのですが、
骨や関節が発達する小学生以降には、
小児肘内障はあまり見られません。

・手をつないで子供を持ち上げる
・手を急に引っ張る
・寝相の悪さで起こる
・怪我や外傷

 

【対処法】

・整復(関節の徒手療法)
・固定ギブス装着)

なるべく早期の対応が良いです。放置したり、対処が悪いと
癖になり、何度も繰り返すようになります。

 野球肘 
子供のスポーツ障害などで一番多い症状です。

繰り返し行われる「投げる動作」
「ラケットなどを振る」運動で

肘の靭帯や関節に変位が起こり、
炎症などによって痛みが
強くなります。

主な原因として、過剰な投球数などの
肘の酷使による疲労が考えられる。

野球における投球動作は、前腕と手部を後方に
残しつつ、肩関節及び肘関節が先行し、肩甲下筋、
大胸筋、広背筋、大円筋を収縮させながら、
肩関節は90度外転位で回旋運動を行う

棘下筋及び小円筋は上腕骨頭を固定し、
肩甲骨は胸郭に固定された状態となる。

このような投球動作において肘関節は極度に
外反を強制され、同時に前腕屈筋群は強く収縮する。

そのため上腕小頭と橈骨近位頭では圧縮ストレス、
上腕骨内側上顆では伸縮ストレスが負荷となり、
これが反復されるため特に筋腱起始部には
微小断裂を生じる。

修復過程での修復機転が継続投球によって阻害される
ことにより極度の痛みや機能障害を発生させる。

特に、カーブなどの腕を捻りながら投げる変化球は
肘への負担が大きく、野球肘になりやすい。

成人期であれば通常は骨変化は見られないが、
特に発育期では内側上顆核の変形・肥大・分離・骨端線
の拡大などを生じることが多い

投球フォームに無理があることも考えられる。

フォームの欠点は人それぞれであるが、
多くの場合、投球のリリースの際に上体が
開いている(正面を向いてしまっている)ことにより、
肘が体から遠くを通り、肘にかかる負担を
大きくしていることによる。

野球肘による損傷は3段階に分けられる。

  • 軽度(1度、mild)
    – 痛みの発生から約2週間で腫脹や圧痛も
    軽微であり、前腕屈筋の抵抗下の自動的収縮
    (手関節の掌屈の動作)の際に疼痛の増強が
    みられるが、X線検査では変化が見られないものをいう。

  • 中度(2度、moderate)
    – 腫脹や圧痛が顕著であり、他動的伸展
    (手関節の背屈の動作)や前腕屈筋の抵抗下の
    自動的収縮の際に疼痛の増強がみられ、
    X線検査でも変化が認められるものをいう。

  • 重度(3度、severe)
    – 患部が腫大しており、顕著な圧痛と
    運動制限を訴えており、他動的伸展や
    前腕屈筋の抵抗下の自動的収縮が困難
    または不能なほどに疼痛があるものをいう。

    重度になるとX線検査の際に骨端軟骨層の
    拡大や関節遊離体(関節鼠)の存在など
    顕著な変化が認められる。

 

 

子供の関節は発育途上のため、限度を超える使い方を
すると
関節を覆う軟部組織がはがれてしまい、
運動制限が起こります。
両親、スポーツ指導者が常に肘の状態を
確認して
決して無理をさせる事のないように、
スポーツを楽しみように
しましょう。
もし故障してしまった場合は、将来に渡って
痛みや動きに制限が
起こります。 
きちんとしたリハビリや安静をすれば、
また競技に復活させる
事は可能です。
目先の成果に囚われず、治療に専念させましょう。

 

 

【対処法】

 

・投球制限 (限界値を超えない)
・手術 (重度の場合)
・安静 (スポーツから離れる)
・アイシング (炎症を抑える)
・ストレッチ (軟部組織の緊張を緩和)
・関節メンテナンス(子供整体がオススメ)

 

 

子供の関節痛は手首や肘など弱い部分で起こりやすいです

 

● 脊柱側弯症

 

主に学童期や思春期に多い症状で背骨が
左右に曲がり、ねじれも加わる病気です。

 

脊椎側弯症は、脊椎が曲がる原因によって
機能性側弯症構築性側弯症の大きく
2種類に分けられます。

 

機能性側弯症
「姿勢の悪さ」、「筋肉の発育不良」、
「肥満」、または椎間板ヘルニアな
どの
病気によって一時的に側弯が起こるもので、
“脊椎のねじれ”はみられません。
・姿勢の悪い人、日常的に片方の肩に
大きな負荷をかけている人

・椎間板ヘルニアなど脊椎の病気や障害を持っている人

 

構築性側弯症
脊椎を構成する骨(椎体)が変形することで
生じるものです。

その多くは原 因が分からない突発性側弯症で、
脊椎側弯症全体の約70%を占めます。

これは学童期、思春期 の子ども(特に10代の女子)
に多く見られ、成長とともに徐々に進行します。

 

 

突発性側弯症はさらに発症時期ごとに
「乳幼児側弯症」「学童期側弯症」
「思春期側弯症」に 細分化されます。
原因が分かっているものは以下のとおりです。

 

「先天性側弯」:生まれつき脊椎に異常があるもの
「マヒ性側弯」:ポリオ(急性灰白髄炎)等に伴うもの
「神経原性側湾症」:脳や脊髄異常に伴うもの
「筋原性側湾症」:筋肉異常によって姿勢が保てなくなり発症する
「間葉性側湾症」:マルファン症候群という遺伝障害に伴うもの

 

 

【対処法】

 

・コルセット装着
・生活指導(姿勢、食事など)
・脊柱牽引
・骨格矯正子供整体がオススメ)

 

 

脊柱の変形は神経の圧迫を起こし、内臓にも症状が起こる

 

子供の成長痛は放っとおいても治らない!
子供は成長の段階に応じて、神経やホルモンの
バランスが変化
します。 また関節や筋肉の細胞が
生まれ変わる速度も速いため
症状の強弱が日によって変化します。

 

 

 「痛み」や「不調」を感じるのは、本人の
感覚によるところも
大きいので、自己申告がなければ
保護者の方も気づけない場合が
あります。

 

そのため「症状の悪化」。
「慢性化」することがあるため
大人になってからも「不調」に悩む場合があります。

 

「成長痛」と言われる 成長段階での「痛み」は
早期に治す事を
オススメします。

 

また病院では「痛みの対処療法」「経過観察」
メインになるため
不調を起こしている「真の原因」
突き止めて、それを改善するための指導は
行ってはくれません。

 

不調はほとんどの原因は「生活習慣」によるものです。

 

■ 運動負荷  (過剰負荷・運動不足も問題)

■ 栄養バランス (偏食・ジャンクフード・甘味料など)

■ 睡眠時間  (夜更かしによる、成長ホルモン低下)

■ 姿勢  (日常のだらしない姿勢が骨格を歪める)

■ 心理ストレス (ストレスによる自律神経の不調)

■ 薄着    (血行不良による基礎代謝低下)

■ 環境   (環境ホルモンによる体内調整力低下)

■ 遺伝的要因 (先天的障害)

 

それを指導、矯正してくれる
専門家に相談することを勧めます!

 

子供整体をオススメします!

 

【札幌子供整体】はお子様一人ひとりの健康状態に
合わせた、施術方法で 「心身の健康バランス」を整えて
「成長痛」などの不調を解消します。
 

 

また自宅に戻ってから 自分で予防するための
「生活指導」や「エクササイズ」をレクチャーします。

 

トレーナーは「こども身体発達運動指導士」
資格を持っており
子供の「身体構造」「運動プログラム」
「成長痛」
について
豊富な知識を有しております

 

ぜひ「病院に行っても解決しなかった」
その「痛み」の原因を改善するために
お気軽にご相談ください

 

 これまで3万人以上のセッション経験があります。
その豊富な経験を頼って北海道および道外からも
ご相談にこられます。

 

 

 

  公式HPで詳しい料金、予約方法などご確認ください。